スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5倍の魔力

何を狙って合成したのだろう・・・。

大成功例
※4回目の合成の成果です。

フレ垢には全相馬眼や突破系のストックがあるのに。
それよりも,少ない課金量で有馬記念を勝つ手段を考えて生産すべきじゃないのか?
スポンサーサイト

新仕様一覧はこちら

公式ホームページにある「新仕様一覧はこちら」のアイコン。
新仕様一覧はこちら


この中には,前の運営が導入した新仕様を調べることができます。
トピック機能のことが触れられていない点を考えると,新運営のがーやは特に活用していないのが伺えます。

まぁ,この程度。
ゲームの進行に影響がないため,どうでもいいんですけどね。

このブログに書いたのは別の視点。
常時活用できる内容(シーズンランキングや成長状態の改善)やたまに開催されるイベント(レースポイントバトルやリトライガチャ)。

ためになる内容もありますし,それ新仕様にいれるか?って内容もあります。

そして,今は廃止された満月の効果。

できれば,この「満月の効果」ってのをリストの一番下にして廃止しましたって書いて欲しいものです。
そして重要なのは,リストの中に残しておくこと。
最近は,運営がユーザーの意見を聞きヒントにしていることが多いため,廃止された内容から新しいアイディアが生まれるかもしれません。

丘部引退記念イベント
↑こんな内容からも新たなアイディアが生まれるかも!?

リストから消される前に書きたかった内容の一つでした。

遅い結果報告といろいろなネタ

最近は,よく動くため疲れるようになってしまい,ブログの更新が疎かになっています。

記事にしようと思っている内容は色々あるんですけどね。
◎種牡馬株制度の続き
◎アイテム内容変更について
◎馬の名前の付け方について
◎レースポイントバトルについて
◎ウオッカのお手伝い夏休みイベントの結果について
◎第76Sの結果について
◎中山ワールドの固定種牡馬大会について
◎牧場の風(3月1週時点発表の2歳産駒の2頭)について
などでしょうか。
書かない内容もあるかもしれませんが。

他にもどうでもいいネタもあって,ネタには困っていません。
後はやる気と体力です。


【第76Sの結果について】
フレ垢は圏内の9位。
アー垢はたった40万差の34位。
・・・。


【ウオッカのお手伝い夏休みイベントの結果について】
いまさらの内容です。
常夏ウオッカ(SR)はフレ垢7枚,アー垢1枚getしました。
いずれもログイン,フリレ,調教で手に入れました。
朝顔は全て現相馬眼にしました。
7セット35枚だったと思います。
環境上の理由でフレ垢のみのフリレ参加でしたけど,かなり手に入れましたね。
複数パソコンを所有している人のことを想像すると,ゾッとします。
あと端数は脚餌1セットだったと思います。
なお,余った青い朝顔62枚はトレに出さず心中します。


【レースポイントバトルについて】
2歳を生産してすぐの時期の開催。
当然,2歳馬は戦力外です。
うちは調教垢と出走垢とで分けていないため,厳しい時期の開催となりました。
まぁ,ほとんどの人が同じ条件ですからね。
レースに出せる馬はフレ垢とアー垢それぞれ23頭ほど。
とりあえず,総合10位が目標です。
しかし,各部門10位まで「ディープインパクト」が貰えるのか。
レベ1~9とレベ10~14の部門は参加垢の数が少ないと思います。
ヘロ垢(レベ13)に馬を送っていれば,余裕で10位以内狙えましたね。
前の馬主会の管理垢のあー垢(レベ9)の資金で馬を買えば,10位以内が狙えますね(今からでも間に合いますが)。
まぁ,現状で頑張ります。
うちが勝っていない有馬記念のアビ種がワールド内に氾濫しますが,その対策は後ほど考えようと思います。
アビを付ける馬がいないのが救いかな。

いつもの(第76S)

今シーズンもそろそろ終わりです。
いつもの恒例の年末調整の時期がやってきました。


第76S12月4週時点の成績は,
フレ垢 8位 159551万円(GI安田記念を含む重賞4勝,11位との差-19110万円)
アー垢 34位 61669万円(重賞1勝,33位との差2014万円)
ヘロ垢 139位 いつもながら賞金不明
となっています。

フレ垢は10位以内が濃厚となっています。
ただ,エースのオコリジゾウ号が終戦の日の前日8月14日にピークアウトしてしまったので,一番の目標の有馬記念制覇はほぼ不可能となってしまいました。
一応,別の馬を充てましたが。
また,安田記念の勝ち馬ポリシーカトリーナ号も前回のメールでピークアウト。
来シーズンは,他の馬で何故か短距離からマイルを中心に頑張れる仔がいますので,その馬を中心に頑張っていこうと思います。
アー垢は33位を狙える順位を狙えますが,こんなものでしょうか。
とりあえず,たくさん稼げるようにたくさん登録しました。
ヘロ垢は,生産しておらず,アー垢から脚質の合う馬を少し送っているためこの程度の順位です。
150位とか無理でしょう・・。

種牡馬株制度の草案について

カミさんの記事で馬名について触れられていました。
書く予定の記事の1つだったのですが,公式のブログより種牡馬株について触れられていましたので,今回はこちらについて書こうと思います。

最近の運営は,公式の案を含めて新しい仕様について書くと,翌日ぐらいにはユーザーの意見についての回答の記事を書いています。
仕事が早く,混乱を抑える点で非常に素晴らしいのですが,出遅れるとうちの思いがやや遠のいてしまう危機感がありますので,今回は期待している項目でもあるとこから,早めに思いを書こうと思います。

■種牡馬の全体公開について
下の方で書いていましたが,多分GI馬が対象でしょう。
体力パラが1つ下がるごとに5下がる感じでしょうか。
もしかしたら,46と言ったように,同じパラでも差が出るかもしれません。
全体種になると自分の管理下にならないので,種牡馬枠が広がる可能性がありますね。
まぁ,非常に面白いと思います。
(公開するとカード化はできなさそうです)

■種牡馬株(プレミア会員のみ)
ここで触れられている併用年数がどのことを指しているのか少し分かりませんでした。
多分,4歳から併用するとしたら15歳までの12シーズンですので,併用年数は12年と言った感じかな。
ユーザーが設定できないものと思っています。
また,ここで買い取ったゲーム資金は種牡馬の保有ユーザーのものになるのかなと思います。
まさか,没収ってことは・・どうだろ・・。
また,見た感じは資金がカンストするのもないと思っています。
気になる点として,種馬場株はプレミア会員のみってところでしょうか。
通常会員の全体種牡馬は余勢種のみとなりますので,この場合,合わせて(と言っても1つだけですが)50頭の生産が限界になるのでしょうか?
種牡馬株がない分,余勢株が倍になることもあり得ますね。
まだ,時間は十分ありますので,運営はじっくり決めていって欲しいですね。
あと,1.2倍は特に根拠はなさそうですね。
全体の種牡馬の割合を100として,種牡馬株の系統の割合で増えても良い(マイナー系統種は1.0倍,メジャー系統種全体に占める割合が四捨五入で4割だと1.4倍など)ですし,将来の消費税に合わせて1.1倍や現在の消費税に合わせて1.08倍でもいいかもです。

■余勢枠に関して
余勢株の上限を決めるか考えていますね。
ユーザーの種付けの概念としまして,パラや活性を見て決めているようなので,たくさん保有したいとの意志はあると思います。
20頭近くの生産で,自分が思い描いていた生産方法とズレが生じた場合(父と母のパラが合っていなかったり,インブリードになっていたり,ニックスになっていなかったりなど)余勢株は使われない可能性が大きいと思います。
今のシステムでは「この繁殖牝馬にこの種牡馬を付けたいから余勢株を購入する」よりも「この種牡馬はパラがいいため(仔だしがいいため)買いたい」との思いが強く,生産による組み合わせは二の次になると思います。
この場合,再度余勢株をマーケットなどの市場に出す案も考えられますが,その分生産が遅れてしまい,早熟全体種にとって価値が落ちるなどの弊害が予想されますね。
もしかしたら,この仕様によって,1歳馬の生産を可能にして(ペットによるパラ成長や経験値アップの効果はなし,パラ確認不可,3歳になっても枠に入らないと強制引退などのルールがある)2歳より競走馬枠が空いていれば名前を付けて,牧場に入る等の新しい仕様なんてのも生まれるかもです。
ただ,複雑ですね。

■種牡馬の公開取り消しについて(取り消し条件要検討)
さすがに重賞を勝つのが遅い晩成馬には不利になります。
あと,スタットに戻される時,枠がいっぱいで戻せない可能性がありますね。
どうなるんでしょう・・。
取り消しがあることは個人的に好きですが,じっくり考えて欲しいものです。

■馬主会公開について
自由に種付けできるとなると,歴史が動きます。
全体種となると,その取り消しができなくなるので,少なくとも数シーズンは種付けできなくなります。
今までのような全体種と馬主会種の併用ができなくなりますので,ユーザーがどういった対応をするか想像できません。
対策が思いつかないです。

■公開種牡馬の種付料について
高いほど勝ちやすいってことでしょうか。
高いほど上位馬主が使ったってことになるでしょうか。
まぁ,その種のオーナーだと嬉しい限りですけど。

■パラメータの変動について(詳細未定)
決まっていないようなので,今後に期待します。


内容について理解できず,実際に運用されても,最初は混乱するかもしれません。
ただ,実際の競馬に近づいていますし,いずれは慣れると思います。
10年目にしてホント変わってきたと実感します。



しかし,良く考えたものです。
今のプロデューサーの人(たち?)が競馬に詳しいとつくづく感じてしまいます。
この内容を昔の運営の人に見せてやりたいです。
いかに,詳しくなく残念だったか・・。
その名残は,今もレンタル繁殖牝馬のメイボールの系統名を見れば分かると思います。

ロンシャンのイベントの前振り(その2)

ロンシャンワールドのイベントについて,着々と話が進んでいます。
ハンデなどのバランス面は難航していますが,不公平なく行うのは不可能と思っていますので,自分を含め代案がなくルールが決まればそれに従う所存です。
まぁ,それはうちが主催者でも主催者のサポート役でもなく,参加者であるのが理由の1つですね。

さて,明日の夜にイベントについての話し合いがあるようなので,インベントを開催した時の参加ユーザーの戦略プランについて少し触れようと思います。

と,その前にウォーエンブレムについて
主な勝ち鞍は,
ケンタッキーダービー (GIダ2000m)
プリークネスS (GIダ1900m)
ハスケル招待H (GIダ1800m)
となっています。
ベルモントSは出遅れで負けていますが,他にもパシフィッククラシックSやBCクラシックのダート2000mも負けています。
当馬は2000m付近が限界の早熟の馬の様です。

では,産駒の傾向を見てみましょう。
重賞の勝ち鞍(障害レースを除く)をみると,
キーンランドカップ (芝1200m)
阪神JF (芝1600m)
シリウスS (ダ2000m)
アンタレスS (ダ1800m)
秋華賞 (芝2000m)
フラワーカップ (芝1600m)
共同通信杯 (芝1800m)
BGC (ダ2000m)
白山大章典 (ダ2100m)
マーキュリーカップ (ダ2000m)
名古屋GP (ダ2500m)
となっています。
ただ,他の産駒を見ると短距離もこなしているようでした。

以上より,芝もダートも走れ,予想される距離適性は1300-2100くらいではないでしょうか。(2100m以上の勝ち馬は同一で,母父がサドラーズウェルズだったため,スタミナが強化されたと考えます)

これを踏まえ,2シーズン(3歳まで)の総賞金ランキング戦を想像します。
なお,成長を早熟と仮定します。
概ね1億を超える賞金の3歳(2歳)限定の上記の距離適性レースは,
桜花賞           8900万
皐月賞           9700万
ケンタッキーダービー  16000万
NHKマイル        9200万
仏ダービー       13000万
秋華賞          8900万
となっています(最新のレーシングプログラムになると賞金は変わる可能性があります)
古馬戦線で早熟馬を上位に食い込ませるのは厳しいため,上記のレースや3歳限定戦を狙ってくることが予想されます。

アビ2つの種の産駒であるため,早熟の場合,2歳戦もどんどん使ってくるでしょう。
1頭だけの戦いであるため,シンザン蹄鉄とEX助手などを活用すると思います。

また,シマウマや功労馬などの経験値系ペットも存在するため,地方OPレースで荒稼ぎや,他の早熟馬を早回しで出走させ勝ちにくくするなども予想されます。
(通常のローテで特定の馬や馬主を対象に組み立てなければ該当しないと思います)

他に,パラの確認や限界突破のよるパラの穴埋め,ハンデ狙いでクリフジ生産する猛者もでるかもです。

始めでも触れましたが,全ての内容を解決して平等にすることは不可能です。
しかし,事前に内容を伝え対策を立てるのはできることなので,この記事をみて明日の話し合いで意見を出し合ってもらいたいです


ちなみに,うちが現在思いついている考え(案)としまして,

○順位の景品は,複数の順位が同じものを配布する。
例:1~2位,3~5位,6~10位,11~15位,16位以下がそれぞれ同じものにする など。
物量だけでぶっちぎりの1位を狙われると,他のユーザーがやる気をなくすため,2位でもいいからなんて思いそうだから。

○1度だけ,古馬混合特別レース(ハンデ戦,ステークス戦,重賞,GI)の賞金を1.5倍~2倍にする。
経験値は関係ないため。3歳夏以降で賞金が多い馬は重賞やGIを選択するしかなく,賞金の少ない馬は出走頭数の少なく稼ぎやすいダートのレースを選択できるから。少数のレースだと気持ち賞金のアップができるかも!?


今,思いついたのはこの辺までです。
理由などが分かりづらいため,今回も適当に流してもらって頂いても結構です。

第76S アイビーS

今日,アー垢のファストステゴ号(2歳)がアイビーステークス(OP)を勝ちました。
名前の由来は,ステイゴールドでも捨て子でもなく,ステゴサウルスから取りました。
(第76Sのアー垢生産馬は恐竜の名前シリーズ)

パラはこちら。
ファストステゴ1
そんなにいいわけではありませんね。

しかし,注目すべくことは系統。
ファストステゴ2
リュティエ系です。
(※レース当日のため賞金は反映されていません)
No.581のダイタクヘリオスの仔を初代と考えて7代目の産駒になります。
主流の系統でゲームを進めていくならもう少し勝てますが,その気持ちを抑えて長い期間マイナー種を育成してきました。

薄々気づいていましたが,ニックスは欲しいようですね。
うちが育てているマイナー血統の2種(ザテトラーク系,テューダーミンストレル系)は運営から厳しい結果を突き付けられました。
他の3種(ブランドフォード系,リュティエ系,トウルビヨン系)もそれに近い結果です。


それでも海外GIでもいいから勝って,全体公開させたいと思っています。
プロフィール

フレッド

Author:フレッド
ロンシャンワールド全盛期にプレイを始めて約7年後に開設したフレッドのブログです。

~アカウント戦績~
【フレッド】(メイン)
(15S7月4週~)
36S 秋華賞
51S 天皇賞(秋)
52S 秋華賞
64S 秋華賞
69S 天皇賞(春)
72S 宝塚記念
75S 桜花賞
75S JC
78S BC高松宮記念

【アーチャー】(サブ)
(46S3月3週~)
61S 優駿牝馬

【ヘロド牧場】(サブ)
(49S12月1週~)
停止中
特になし

【あーちゃー】
(70S12月5週~)
distiny管理垢

-ゲーム画像の著作権について-

掲載されているオンラインゲーム画像の著作権は株式会社GaYaに帰属します。
Copyright (c) GaYa Corporation. All Rights Reserved.

最新記事
カウンター
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。