スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しい夜

暇である。

久しぶりの日時メンテの順延。
記憶にあるのは,2009年11月25日の画面デザイン・インターフェースの大幅変更の際にダウンロードができないユーザーが続出した時。
懐かしいです。
これは覚えていて,このブログ初めての記事であるプレイした日付を逆算した内容で触れた気がします。

ただ,正直これしか覚えていません。
他にもあったような気がします。

東日本大震災の時だったかもしれません。
社会的な影響が大きかった理由か,ホントに競伝の記憶として残っていません・・。



まぁ,仕方ない理由でメンテ順延の日があっても良いですね。
今回に限って言えば公式HPを見ることができませんが,公式ブログで随時報告がありますのでかなり丁寧と感じています。

とまぁ今日は待っても仕方ないので,もう寝ようと思います。


マーケットに出品しているカード11種類の値動きのグラフを作ってもいいけど,上手くできてなくて先延ばししているのは内緒
スポンサーサイト

馬名について

馬名について,うちは3垢とも冠名を使用しています。

【フレ垢】
牡馬:「ファスト」(ファストタテヤマ号から)
牝馬:「ポリシー」(ポリシーメイカー号から)

【アー垢】
牡馬:「ファスト」(上記と同じ)
牝馬:「メルト」(競馬由来ではないので省略)

【ヘロ垢】
牡馬牝馬共通:「ヘロド」(ヘロド系から)

以前,このブログに書いたような気がしますが,このようになっています。



さてこの冠名に続く馬名なのですが,うち自身そこまでパッと思いつきで名前が出るわけではなく,いつも苦労しています。
ロンシャンのプレーヤーの方は,かっこいい名前を付けている方が多く羨ましい限りです。


で,苦労の結果からどうしているかというと,
フレ垢は,海外の競馬で活躍している競走馬の名前の一部を付けています。
さすがに,リアルの競走馬の名前をそのまま付けないように気をつけていますが。
あと期待馬は,冠名を使用せずに,じっくりと考えています。
最近は,好きなパチンコ台に由来する名前が多くて残念ですが。

アー垢については,シーズンごとにテーマを決めてそれに由来する名前を付けています。
今シーズンは,野菜の名前。
1S前は,東日本の祭り。
2S前は,恐竜の名前。
3S前は,野鳥の名前。
といった感じです。
正直,野菜の名前はちょっと・・という気がしています。

生産の偏り

以前の記事に書きましたが,牡馬が欲しかった第78Sの生産。

ほぼ終了しましたが結果は,
フレ垢(牡馬:牝馬=6:12)
アー垢(牡馬:牝馬=4:11)
ヘロ垢(牡馬:牝馬=1:0)
と,ほぼダブルスコアで牝馬に偏ってしまいました

リアルと重ねて普通に考えれば五分五分になると思っていて,今回のは異常と思わなくてはならないような比率
個人的には嫌いなのですが,よくあるニュースの見出し風に書くと,

「生産の偏り,なぜ起きた?」

というように考えてしまいます。

仮説として,
●中長距離馬やパラの良い馬,マイナー血統は牝馬にする説。
●運営が特定の垢を狙い撃ちにした陰謀説。
●鯖内の馬の牡牝の比率のバランスが悪く,均等にするため偏る説。
●お布施不足説。

などを考えました。

しかし,どれも根拠がなく導入したとしてもメリットは感じられません。

ただ,うちが考えた説の中で一つだけありかなと思ったのが,
●シーズンごとに垢ごとに確率を抽選している説。
です。

パターンは分かりませんが,60:40,50:50,40:60といったようにシーズンごと牡牝の確率を抽選していて,五分五分の時もあればそうでないときもあるという考え方。
これは,リアルじゃなくてゲームであり,攻略概念が存在する。
50:50固定にする理由はないと考えます。
攻略の結果が100%上手くいくってわけではありませんが,偏よることによって生産の方針を修正することができるんじゃないかなぁなんて思いました。

謎の高騰

さかのぼること約1週間前。

マーケットの値動きについて記録をしていましたが,どうしても理解に苦しむものが2つありました。

まず,1つ目に「合成チケット」。
10月21日の合成ラインナップ変更時点では約6億でしたが,そこから徐々に値上がりし取引も活発に行われていました。
うちの考えでは,合成に使用するカードはレベル10が一般的。
そして,レベル10同士で合成しても,約半分がダービーガールという1頭の馬の競走生活全てを担当せずに田舎に帰る喜ばしくないカードに変化。
当然,在庫が少なくなることも重なって値が安くなり,取引も少なくなると思っていました。

2つ目に「赤いアサガオ」「青いアサガオ」
金枠とは言え,売れば1000万にしかならないカード。
それが4000万程度で取引されている点。


この2点から推測されること。
それは,金枠レベル9のカードで合成しているということ。
ちなみにラインナップ変更前の考え方では,レベル9同士を合成しても同じレベルでほとんど使えないカードにしかならなかった。
変更後も当然,そういった固定観念があっても不思議ではありません。

ということで,ポチっとしました。

謎の合成結果
※この結果は,当時の合成結果をイメージするために,発見して数日後に行ったものです。実際,最初にチャレンジした結果ではございません。

!?
旧EX種牡馬だと!?


これは,ラインナップ変更前にレベル10同士でやった結果と同じじゃないか。
ということは,6億で合成チケットを買ってアビ種や種付けで使用していたのか。
【フレ垢結果】
合成(フレ垢)
【アー垢結果】
合成(アー垢)

最初に驚いたカードはネアルコっぽいですね。

まぁ,EX種(他にも期限なしEX助手)は当たりの部類で,蹄鉄などの外れがありますので一概には言えなかったのですが。



そして,本日の定期メンテナンスで合成確率が3倍になり,合成チケットは約10億に高騰。
併せて,合成カードに交換できる騎手カードも高騰しました。
以前は,騎手カードがトレードできなかったため数十シーズンにわたり相当数ストックされていましたが,今後,合成カードに交換され品薄が予想されます。

3垢合計で,
合成チケットは117枚
騎手カードは279枚
ありますので,良く考えて大事に使っていこうと思います。

マーケット(2015.11.6)

2015.10.13に少しだけ詳しく書いたマーケットのカードの値段。
その後,一部のカードについて毎日の値動きをメモして,定期的に公開していました。

そして今日の値と10.13の値を比べてみようと思って調べてみました。
結果はこちら。
マーケット詳細(その3)

ペット高いね。
蹄鉄,安っ。
ビタシロと高級ローヤルは何故か値が対して変わらない。
手に入りやすさ(カー伝やシーズンランク)に関係するのでしょうね。

大感謝BOX(2015.10)

2015年10月分の大感謝BOXの結果を報告いたします。

1日目:コクワガタ(BC用)
2日目:高麗人参(自分用)
3日目:乾燥ビール酵母(自分用)
4日目:現相馬眼(自分用)
5日目:祭り馬(R)
6日目:クエン酸(自分用)
7日目:アミノ酸(自分用)
8日目:ビタミンシロップ(自分用)
9日目:宇宙食(自分用)
10日目:柏木フルーツ(自分用)
11日目:限界上昇 +4(自分用)
12日目:ビタミンシロップ(自分用)
13日目:シマウマ(SR)
14日目:高麗人参(自分用)
15日目:一輪の赤いバラ
16日目:千夏おにぎり(自分用)
17日目:シマウマ(R)
18日目:シマウマ(R)
19日目:宇宙食(自分用)
20日目:減量茶(自分用)
21日目:乾燥ビール酵母(自分用)
22日目:赤いバラの花束
23日目:シマウマ(R)
24日目:黒酢(自分用)
25日目:千夏おにぎり(自分用)
26日目:まむしニンニク(自分用)
27日目:まむしニンニク(自分用)
28日目:限界上昇 +4(自分用)

ありがとうございました。
なおカードは先月と同じく,合成に使わず心中しました。

本腰の結果

第77Sの結果は,
フレ垢 10位
アー垢 24位
ヘロ垢 252位 (惜しい)
あー垢 283位
でした。

さて,第78Sに突入して半分ほど生産。
フレ垢は有馬記念,アー垢はマイナー血統でのGI制覇を狙っているということで牡馬が欲しいところです。
しかし,感覚の話ですが,いつも牡か牝かどちらかに偏ってしまいます。
今回の生産はというと,
フレ垢は,牡:牝=2:7
アー垢は,牡:牝=1:4
しかも,中距離以上となると比較的牝馬になってしまいます。
ただ,他の方はどうか分かりませんし,そもそもサンプルが少ないので割合はこんなものと思うしかありません。

話は戻って,その生産。
今シーズンは,当初から本腰を入れて生産しようと思っていました。
一つ目の理由は株制度が始まると,全体種の種付け制限が発生しますので,全体的に産駒のレベルが下がると予想したからです。
一世代上の晩成馬なら十分対抗というか凌駕できると考えました。
ただ,株制度はまだ時間がかかるようなので,来シーズンでも良かったかもしれません。
そして2つ目の理由は,マーケット機能が不調と予想していた点。
予想は見事に外れ,活発に取引されていて,いつものシーズンと比べて血統大辞典がガイドブック,通常会員のシンジケート券の使用量が跳ね上がっていることでしょう。
全相馬眼も安値で取引され,馬の能力のチェックも多くされているのではないでしょうか。

と,予想は外れましたが,強行しました。
パチの赤字分がほとんどなくなってきたからですが。
フレ垢はオオクワガタを使用して。

ちなみに,オオクワガタの効果の話なんですけど,なしで左オールSSmaxの場合,ありだとS3として上乗せがあると思っていません(ホントかは知らない)。
S3は抽選であって,SSmax未満の微々たる量のパラ底上げに役立つと思っています。
ですから,クワガタ生産は特にしなくてもいいかなが本音です。

まずはワールドの共通活性系統と血統大辞典は,
【共通活性系統】ドミノ系
【固有活性系統】ミスプロ系,ロベルト系(フレ垢,何度か変更)
【固有活性系統】ブランドフォード系,ハビタット系(アー垢)

ドミノ系は持ってない。
今回は外れ。
ちなみに,ブロードアピール(牝馬)が該当だったかな。
フレ垢は,ミスプロ系があるのでまずはおk。
アー垢はブランドフォード系で昨シーズン,うちの全体種が引退していなくなりましたが,小金井さんにプレゼントしたカード化した種の産駒がありますのでおkです。

そして,生産の結果(今のところ全相馬眼を3枚使いました)
第78S結果(その1)
ダメだ。
トピックにGIコメの馬が多く紹介されるヒロさんとの差は,種牡馬の差なのかなぁ。

マーケット(その18)

マーケット20

マーケット(その17)

マーケット19


最近は値が安定して面白みがない内容になっています。
何か考えないといけませんね。
プロフィール

フレッド

Author:フレッド
ロンシャンワールド全盛期にプレイを始めて約7年後に開設したフレッドのブログです。

~アカウント戦績~
【フレッド】(メイン)
(15S7月4週~)
36S 秋華賞
40S エリザベス女王杯
42S コロネーションC
43S 愛ダービー
48S 香港S
51S 天皇賞(秋)
51S 香港C
52S 秋華賞
59S パリ大賞典
61S NHKマイル
62S 愛オークス
62S JBCC
64S 秋華賞
66S JBCS
67S 香港C
69S 天皇賞(春)
69S 仏1000ギニー
69S マイルCS
69S チャンピオンズカップ
70S パリ大賞典
72S 宝塚記念
74S 凱旋門賞
75S 桜花賞
75S ジャパンカップ
76S 安田記念
77S 仏1000ギニー
77S Mゲスト賞
77S チャンピオンズカップ
78S 高松宮記念
78S BC高松宮記念
78S チャンピオンズカップ
78S 阪神JF

【アーチャー】(サブ)
(46S3月3週~)
60S チャンピオンズマイル
60S BCマイル
61S 優駿牝馬
63S BCスプリント
69S ドバイDF

【ヘロド牧場】(サブ)
(49S12月1週~)
特になし

【あーちゃー】
(70S12月5週~)
distiny管理垢

-ゲーム画像の著作権について-

掲載されているオンラインゲーム画像の著作権は株式会社GaYaに帰属します。
Copyright (c) GaYa Corporation. All Rights Reserved.

最新記事
カウンター
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。