FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除外ラッシュ(その後)

運営さん,やっちゃいましたね~
(実際は,まだやってなくて発表しただけなんですけど)

1.地方競馬1~3エリアの番組表見直し
2.オープンクラスの出走登録条件を1厩舎1頭に変更
3.海外レースのシステム馬5頭の出走撤廃ですか。

ですか~。

個人的には1は賛成,3は仕方なく賛成ですね。
3に関して「仕方なく」は,現在の除外状況の改善案としてGIの出走枠を増やすか除外をなくすためにユーザー馬の出走数を減らす(もしくは絞る)しかない二者択一の状況で前者を選んだためですね。
昔から,海外レースのシステム馬はもっと強くてある程度はユーザー馬を返り討ちに出来ればと思っていましたが,状況が状況ですからね。
レースに出られないのは面白くありませんし,それが重賞やGIだとなおさらです。

さて,大荒れの2ですが・・,
「1頭に変更」よりも「2頭から1頭に変更」と書いた方が分かりやすい。
「5頭から4頭」のように20%減ではなく,半分,50%減です。
レースが増えるため地方OPに出られる馬が半分ということはないですが,GIや重賞に対しての影響はおおきいです。

まず,プレミア会員の競走馬の数がレベル16で31頭,レベル22で37頭です。
フルに枠を使うとして,OP馬の割合もしくは数がどのくらいか,そしてワールド全体でOP以上に出走する馬はどのくらいか数えたのか疑いますね。
旧ワールドの状況にもよりますが,OP馬や重賞馬やGI馬が多いユーザーほどかなりしわ寄せが来る内容です。
そして,遡ることいつごろか忘れましたが,運営は繁殖牝馬の数を倍にした経緯があります。
上位の馬主ほど数が多いため良い馬の生産が増え,OP馬の数や割合を多くする要因を作っています。

このゲームは,1週or2週間隔もしくは上がり補正というメリットのある8週間以内の間隔で動いています。
ユーザーは少なくとも8週間隔で動くこと想定しているため,これが崩れることを大きく嫌いますし,なにより賞金的に問題なく出られる重賞やGIに出せないということは,ゲームとして成り立っていません。

運営は,ユーザーの心を見誤ったと思っています。

厳しい言い方をしますが,信頼を失えば取り戻せば良いですが,引退してしまえばそのユーザーに対して信頼を取り戻すことはできません。

運営には,プレミア会員,通常会員に関わらず,どのレベルの人に対しても仕様の変更した場合の心情の変化を考えて欲しいものです。



さて,ここで終われば,運営のやろうとしていること,やったことに対しての批判だけになります。
結果はどうであれ,解決するためにやることですから意味があると思いますし。


では,どうするか。

改善するとすれば,レースを増やすか出走頭数を減らすかのどちらか。
ただし,GIや重賞は増やせない。
そうするとやはり出走頭数を減らすしかないですね。

個人的には,レース結果で調子を変化させてはと思います。
レースで1着や上位に来れば調子はある程度維持させ,下位に沈むほど調子が極端に下がる。
重賞やGIレースそして海外ほどその下がり具合は高い。
(強心臓や剛心臓があれば,影響を小さくor50%発動にしたりなくしたりできる)
同じ調子の状態でも,調子が上がっている状態より下がっている方の方がタイムにより悪影響を受け,最も調子がいい状態でGIに勝てるパラやアビがあってもある程度下がっている状況で無理にレースに出すとタイムオーバーするレベルになる。
これは,1週もしくは2週間隔で出走する規制でしょうかね。
ちなみにタイムオーバーすると,どのくらい枠がないと出られないかは運営のサジ加減ですけど,オーバーの内容によりますが3ヶ月ほどは欲しいですね。
(そもそも現行のタイムオーバーをするとどうなるか知らない)

まぁ,こんな内容で全て改善されるとは思っていませんけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フレッド

Author:フレッド
ロンシャンワールド全盛期にプレイを始めて約7年後に開設したフレッドのブログです。

~アカウント戦績~
【フレッド】(メイン)
(15S7月4週~)
36S 秋華賞
51S 天皇賞(秋)
52S 秋華賞
64S 秋華賞
69S 天皇賞(春)
72S 宝塚記念
75S 桜花賞
75S JC
78S BC高松宮記念
96S 有馬記念

【アーチャー】(サブ)
(46S3月3週~)
61S 優駿牝馬
95S 桜花賞

【ヘロド牧場】(サブ)
(49S12月1週~)
停止中
特になし

【あーちゃー】
(70S12月5週~)
distiny管理垢

-ゲーム画像の著作権について-

掲載されているオンラインゲーム画像の著作権は株式会社GaYaに帰属します。
Copyright (c) GaYa Corporation. All Rights Reserved.

最新記事
カウンター
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。