スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000日

本日,フレ垢とアー垢の1000日連続ログインを達成しました。
正直,よくここまで続けられたと思います。
某大人気スマホゲームは7日サイクルであると考えると,良いアイテムとはいえ,あまりにも長い道のりなため勘弁してほしいです。
しかも,普段持ち歩くスマホではなく,家にしかないパソコンでしていますので。
この1000日間,私自身がINできない日もあり,身内に頼んでまで維持してきましたが,少し方針を変える必要があると思っています。

まぁ,得たアイテムは「一輪の赤いバラ」。
基本的な交換内容は,一般的に,
限界突破+50% 3枚 
限界上昇+5  1枚
全相馬眼 2枚
現相馬眼 2枚
といった感じでしょうね。

ゲームバランスを崩さず,マーケットでも手に入るアイテムなため,羨ましがることがなくて安心しました。


さて,最近は某大人気スマホゲームのおかげで,モチベもですが,競伝での情報収集が疎かになっています。
冬のポイントキャンペーンが水曜日のメンテを基準に1週間ではなく金曜日午前0時から1週間で一区切りだったこと。
他に,合成ゴールドコースの大成功確率3倍が1週間ではなく2週間開催である点や,それに伴いカー伝GIのノーマルラインナップの合成チケット入手確率がアップすることを見落としていた点。
極めつけはノーマルラインナップの合成チケットが,カー伝GIではなくフリーの合成で手に入るものと解釈していた点です。
50回ほどフリーコースで出ると信じて合成しました・・・。

ちなみに,運営が「改善」と表記していた交換ラインナップの表示方法。
私的には,1種類ずつ開いては閉じることをしないといけないため,不便と感じました。
それぞれのカードで何と交換できるか比較するとしても,覚えないといけないですし。
前の方がよかったですね。

少しビックリ

約1か月ぶりの更新となります。

昨シーズン,自信を持って臨んだ有馬記念は5着と沈みました。
相当,凹みました。
そして,新シーズンの賞金の稼ぎ時であるドバイデーは所用で家を空けていたため,調教や出走ができませんでした。
その間もINだけは家の人にお願いしていて,フレ垢とアー垢は1000日連続INを達成できそうな状況です。

さて,その家を空けている時に少し驚いたことが・・。
先週の酉の市で期限なしペットが登場しているではありませんか。
2013年1月16日の定期メンテ明けから続いた仕様に変更がありましたね。
参照:1/16 【重要】カード伝説コイン、期限なしペットの提供終了に関しまして

意外と公式ブログでも触れられず,一部のプレーヤーのブログを見ても触れられていませんでした。

別に悪いことではないので,私もこれ以上は触れないでおきます。


そして,今後予定している2017年のレーシングプログラム。
技術的に可能であれば,距離を実際のレースに合わせて欲しいものです(10m単位は省略でもいいですけど)。

いろいろ

先週の水曜の定期メンテナンスで,ディープインパクトとクロフネのカード画像に触れていましたね。
2016.6.15の記事でカー伝に出る馬の画像をチェックしていると書きました。
その記事に対するコメントのような気がしましたので,今回ブログを更新しないといけないと思いました。
ディープ&クロフネ

残念ながらお財布の中身の関係でカー伝を回すには至りませんが,2頭ともかっこよく仕上げていると思います。
ただ,ディープインパクトもクロフネも同じ勝負服のような気もしますが。
この画像のあるカードをできる限りカー伝を廻した多くのユーザーに渡るよう,パラや活性,遺伝をそのままでアビをノーマル2つに落とし,レアカードとして(入手確率はSR程度でもかまわない)で手に入るようにして欲しいところです。


そして,2016.9.30にニックス一覧をリリースされました。
各ワールドのオリジナル系統も網羅しており,運営の頑張りが目立ちます。
しかし,気になる点も。

かつて,系統についてブログに書いたことがあります。
競馬伝説の系統について
この時はオリジナル系統を除き,87系統が存在していました。
その時とは違い,いくらか抹消された系統があります。

キャロルジャック系
スタースピリッツ系
フグタ系
フライムプレミア系
ユアアイズオンリー系

いずれもうちが分からなかった系統になりますね。
今回,リストを作成にあたって整理したものと思われます。

逆に,抹消後も脈々と生き残っている系統も存在します。
オリオール系(参照:【重要】「エリモジョージ」の系統情報に関しまして及び【更新】【重要】No.3872 セントクレスピンの系統情報に関しまして
ジェベル系(参照:【重要】ジェベル系の変更につきまして

今回,ブログに載せることによりようやく完全に消えると思います。
あと,併せて繁殖牝馬のメイボールの系統も修正して欲しいものです。



と,なんだかんだで運営の頑張りが目立ちます。
フォーティナイナー系の登場もその一つ。
本音はサンデーサイレンス系だった思いますが,ゲームへの影響が分からないため,とりあえずフォーティナイナー系で影響を見ようとしたのでしょうね。



その頑張りのお礼に,うちからアイディアを・・。

かつて,距離適性変更カードがありました。
初登場の時にユーザーから猛反発があり,一度限りの登場でした。
それもそのはず。
リアルに例えれば,サクラバクシンオーが天皇賞(春)に出走したり,ナリタブライアンが高松宮記念に出走したりすることです。
ありえない話だし,あったとしても批判は必須ではないでしょうか(あれ?)。
単距離馬が長距離馬になるなど,極端すぎたのが原因でした。

では,その馬の距離適性を少し長くするのはどうでしょう。
スプリンターの馬がマイルに挑戦したり,クラシックディスタンス(2400m)の馬が2000mや長距離に挑戦したりと普通にありますね。

仕様として。
単距離の馬ほど距離適性は長くなりにくく,長距離の馬ほど広くなりやすいこと。
距離の中心はずれますが,内部の仕様上中心の変更はない。
既存の距離適性のレースでの影響のマイナス補正は起こらない。
距離適性の表記は「1200-1400」→「1200-1400(1600)」のように分かりやすくする。

調教方法としては3通りを考えました。
1 併せ調教型
併せ調教で発生する形。
事前に短い方か長い方か伸びたい方に設定をしておき,勝手に距離適性が長くなること。
30頭以上も管理すると設定を忘れる恐れがあるため,お勧めではない。

2 カード助手型
新しいタイプの助手カードを投入。
やった,新しい収入源。
個人的には特殊調教を短期間行って距離を伸ばすイメージがあるので,助手の契約期間は短め(5週程度)として,その間はレースに出せずアビもつかない感じでしょか。
伸びる確率としては,カード助手のレア度とその馬のSPとSTのパラ,個性で計算して良いのではないでしょうか。
伸びる方が短い方か長い方の2種類しかできないので,助手の種類を増やすために,何か+αの効果があると良いですね。
川村千秋復活なるか?

3 突然型
調教したりしていきなり発生するクエストですね。
意図しない馬に発生するなどあまり現実的ではないし,短か長を選べないのが難点ですね。


とまぁ,これが実施されれば,右パラ,左パラ,コース適性の克服に続き,パラの要素を全て強化できるようになりますね。
でもこのような馬の救済になるんじゃないかなと思います。
ファストリード



今回は長めに書きました。
最後まで読んだユーザーの方はありがとうございました。
なお,賛成や反対の議論は回答が面倒なのでパスでお願いします。

イベントを終えて

移管1周年イベントが開催されていた関係と暑さの関係でブログの更新のモチベが上がりませんでした。
おかげでコメントの返答が大変遅くなったり,いつもの年末調整の記事がなかったりと申し訳ありませんでした。

なお,ブログ更新のモチベはかなり下がっています。
放置気味になるでしょう・・。


さて,おさらい。
1周年イベント。

【第一弾シークレットレース】
3垢でチャレンジしました。
無理と判断すればスパっと諦める感じで進めました。
たまたま1日目の寝る時間にとくすけさんのブログを見て,1垢でローカルワールドとBCワールドでそれぞれ1枚,合計2枚出るとあり,面倒ですが頑張りました。
モーニン     6枚
キタサンブラック 2枚
ストレイトガール 4枚
シンハライト   5枚
マカヒキ     6枚
マリアライト   6枚

【第二弾お手伝いイベント】
確か,新しい調教助手を当てようとのブログのタイトルを見て盛り上がっていましたが,うちのパソコンのスペックが悪く,記事を見れずに始まったイベント。
1日目に少しフリーコースの合成を行いましたが,なんというかブラシの人が出ない。
ポチポチ作業が苦痛でしたので,今回はあっさり上位を狙うのを諦めました。
フレ垢 15位
アー垢 90位
ヘロ垢 86位
あー垢 
しかし諦めたとはいえ,本垢はビタシロ(自分用)99枚,限界突破+4(自分用)99枚は確保しました。
カードによって偏りがあり,後々に交換できるようにしたところを見ると,昔の運営と違って今の運営はこのゲームしてない可能性が高いと思えました。
もし,今から競馬伝説でプレイするなら理由はありませんがロンシャンワールドでお願いしますね。
なお,馬主会の選択はご自分の判断で。

【第三弾馬券王イベント】
苦痛だったイベントの再来。
とはいえ合成とは違い,1日でできる範囲に上限があるので,こちらは本気でやりました。
なお,やるにあたって注意点もありました。
1つ目はシステム馬だけのレースもあること。
2つ目はS3の導入により,多頭数のレースでは馬券が当たりにくいこと。
3つ目は上限が900万で1点買いをするとオッズが急激に良くなること。
4つ目はかつて馬券購入ツールがあったこと(今は不明)。

といった点ですね。
上記を考えると,全レースを買い続けることが重要となってきます。
ということで,約97%のレースは買いました
約3%はINに間に合わなかっただけですので,もし間に合えば買っていました。
そして7月20日14時までのイベント期間ということで,20日朝に購入した馬券が有効になったら負けると思い30分かけて全てのレースの馬券を購入しました。
たまたまこの日がシーズンの始まりで馬券ランキングがリセットされており,購入した人がいるか確認すると十数名の方が購入していました。
結局,今も20日の購入馬券が有効か無効か分からないまま終わりました。
結果の方はというと,前回の馬券王イベントのように1位のメールは来ず,素敵なアイテムもなかったため,どうやら2位以下だったと思われます
しかし,55億のノルマを超えましたので,そこそこのカードを得ることができました。
(エンブレムは重複のため変わらず)

移管1週年イベント。
楽しむというより,作業感覚でしたね。

安全策

うちの期待馬であるトップリーダー号
本日,無事OPレースを勝ちました。

賞金的には,天皇賞(秋)やJBCCにも出ることができましたが,悩んだ挙句,回避して地方OPを選びました。
11周年のイベントの11勝馬を作るイベントも達成したので11勝イベが目的ではありません。
海外出走権の取得を優先したいと言えばそうなのですが,それが一番の理由でもありません。


今回の理由とは,見えない疲労です。
数年前より,うちの調教の仕方は変更しており,それまでは併せ一杯を3回してストレスコメが出れば放牧していました。
しかし,どこかのブログなどを見てから,見えない疲労を無視し,体重や見える疲労,調子から放牧のタイミングを考えるようになりました。
BC鯖でも同じように調教していましたが,いざピークインしてレースに出そうとしてもストレスコメが残り,放牧と入厩を何度か繰り返す破目になりました。
ローカル鯖では放牧明けにストレスコメがないので,(ペット効果もあって)取れているかもしれませんが,数値管理していない私にとっては見えない疲労が抜けていると判断できませんでした。
トップリーダー号は1度条件戦で2着に敗れているため,原因の1つにこれが関係するかもと仮説を立て,条件戦と放牧を繰り返しながら見えない疲労を取ろうと考え,無理をせずに勝ちやすいOPレースを選びました。


まぁ,こっからも仮説なのですが,負けた理由は他にも,
①勝った馬が強かった
②勝った馬が名声値の高い繁殖牝馬の仔で何かが上乗せされた
③負けたレースはやや重で,うちの馬の重馬場適性が弱く,強化したとはいえ勝った馬を上回れなかった(相手も強化して同じだったorもともと適性が高かった)
辺りが,挙げられます。

S3がない頃,まったく同じパラでも上がり補正の有無でタイムが変わりますので,レースでパラは下げられると思っており,当然,芝やダート,重馬場適性が悪いと下げられると思っています。
しかも,何のパラがどのくらい下がるかも分かりませんし,名声値の関係で一律とも言い切れません。
ヒロさんの活躍馬を見ると芝やダートの適性がSSの馬が多く,パラの下げる割合が低く,全相馬眼や限界突破系のカードのストックが多いため基本は左オールSSである点と併せて強いと思っています(2~3歳戦は別ですが)。

同じようなパラが乱立している以上,何かで差を付けにといけません。
見た目の差が少しであっても,思った以上に負けるかもしれません。
それを回避するために,2歳馬の時から考えながら育てないといけないと考えています。

途中,字に色付けるの面倒になって諦めました。


最後にデゥラメンテのカード。
ヘルメットの色から馬の絵は皐月賞の時でしょう。
3種類ありますが,基本どれも同じです。
予算的にこれが限界なのでしょうね。
ただ,反転させたりヘルメットが違いますが負けた馬を載せたりと苦慮していますが,雰囲気は伝わりました。
当たりカードが多くて入手しづらかったり(全部同じ確率なら当たりでも約9.1%しかない),お金がかけられなかったりと今回も廻しませんが,うち的には高評価です。
プロフィール

フレッド

Author:フレッド
ロンシャンワールド全盛期にプレイを始めて約7年後に開設したフレッドのブログです。

~アカウント戦績~
【フレッド】(メイン)
(15S7月4週~)
36S 秋華賞
51S 天皇賞(秋)
52S 秋華賞
64S 秋華賞
69S 天皇賞(春)
72S 宝塚記念
75S 桜花賞
75S JC
78S BC高松宮記念

【アーチャー】(サブ)
(46S3月3週~)
61S 優駿牝馬

【ヘロド牧場】(サブ)
(49S12月1週~)
停止中
特になし

【あーちゃー】
(70S12月5週~)
distiny管理垢

-ゲーム画像の著作権について-

掲載されているオンラインゲーム画像の著作権は株式会社GaYaに帰属します。
Copyright (c) GaYa Corporation. All Rights Reserved.

最新記事
カウンター
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。